振替休日のルールを知り喜ぶ人と残念に思う人

先日、普段と変わらない土日を過ごし、後からカレンダーを見て気がつきました。
そういえば、先週の土曜日は祝日だったのだと。
週休二日で土日休みの私にとって、土曜日が祝日であっても休みに変わりはないので、全く気づかずに過ごしてしまいました。

日曜日が祝日に当たると、翌日は振替休日です。
だから、三連休が生まれるわけですが、土曜日が祝日に当たっても三連休にはなりませんよね。
それは、国民の祝日に関する法律で定められているからです。
日曜日が祝日と重なった場合は、翌日が振替休日になるという決まりです。
でも、土曜日については決まりがありません。
そもそも、土日を休日とする法律がないのです。
公務員は土日が休日ですが、サービス業ではそうはいきません。
労働基準法で定められているのは、週に最低一日は休むことで、何曜日を休みとするかまでは決められていないのです。

そんなわけで、元々は祝日が日曜日であっても振替休日の制度はありませんでした。
それがある時から、日曜日を休日とすることが一般的であると定め、振替の制度ができたそうです。

祝日が土曜日に当たることで、休みが一日減ってしまう。
これを残念と思うかラッキーと思うかは、職種や人によってそれぞれですよね。
私は、このままの制度で充分だと思う内の一人です。脱毛 ssc