夏にセーター制服は、上品の要素から外れます

漫画から出てくるような、女子高生の姿なのですが、ここが、やはり、上品であるということを理解していないなあと思うところがあります。もう、夏なのに、なぜか、セーターを着ているのです。髪の毛はロングのサラサラヘアー、顔もきれいに洗顔して、ルール違反すれすれのうつくしさです。ところが、30度の季節に、セーターを着ているのです。スカート丈もばっちり上品です。
このセーターは、ないです。ベストも、いやだと思っています。季節があるというのが、上品の要素だからです。それを理解s知恵いないようです。もちろん、セーターを着たほうが、ベストにリボンをしたほうが見てくれはいいのです。ただ、夏なのです。夏には、秋にいい服装は美しくはないのです。おかあs難が教えて差し上げたほうがいいのではないかと思います。むれて、臭いイメージにもなりかねません。季節にあった服装、そこで、いかに、清楚さを出すかが重要なのではないでしょうか。いぶきの実楽天

アイリッシュコーヒーを飲んだら気分が悪くなった。

昨日、84歳の母に付き添って病院に行きました。帰りに病院内にあるカフェに入りました。私はコーヒーを飲みたかったのですが、何にしようか考えて、まだ飲んだ事のないアイリッシュコーヒーというのを注文しました。ウェイトレスの人がオーダーを通す時にクスクス笑っていたのがちょっと気になりました。結構待って、やっとコーヒーが来ました。上にホイップクリームが乗っていました。一口目はおいしかったです。でも、クリームが無くなると、すごく苦くて、飲むのが辛かったです。でも500円もするし、変わったコーヒーを飲みたいという好奇心もあって、がんばって全部飲み干しました。何だかテレビの罰ゲームみたいでした。それで、母と調剤薬局に行ったんですが、そこで待っている間にだんだん首の辺りが熱くなってきました。あのコーヒー、お酒が入ってたのかしら?と初めて思いました。帰りにコンビニに寄ったら、鏡に移った顔はすごく赤かったです。家に帰ってから苦しいので横になってました。そう言えば、ウェーイトレスさんが何となく私の顔を窺うように見ていた気がします。ひどいなあ。教えてよ。知らないんだから。http://www.zeorymer.com/musee-vio/

今日は、仕事が休みなので、毎週恒例の心療内科に行きました。

今日は、仕事が休みなので、夫婦そろって心療内科に行きました。
私達は、毎週へ月曜日に心療内科に通っています。
病名はパニック障害です。
梅雨の時期が始まって、夫婦そろって怠いシーズンです。
これだけは、薬でもどうしようもないです。
そういう意味では、花粉症と同じです。
私達は薬の量が多いので、診察から薬が出来るまでに2時間
かかります。
妻の自立支援が申請していなかったので、その間に役所
に行き、申請しました。
期限が切れている事に気が付かなかったので、期限が過ぎて
新規登録になりました。
先生の診断書をもらうだけで、5400円も取られます。
本当は、先生の診断書なしで更新できたのに、残念です。
それから、お約束で家電店に行き、マッサージチェアで
癒されてきました。
私は、開始後、すぐに寝てしまった様です。
マッサージされたか覚えていません。
薬が出来たら電話がかかってくるのですが、遅かったので
最速の電話をしたら、ちょうど出来たところだったので、
取りに行きました。
毎週の事ですが、面倒に感じます。

坂上忍さんの発言が話題に。30過ぎて実家暮らしはそんなに悪い?

坂上忍さんが、とあるテレビ番組で「30にもなって親と同居なんて問題だろう」といった旨の発言をして以来、ずっとこの発言があちらこちらで物議を醸しています。
確かに、一般的には子供は成人したら親元を離れて生活するべきだと思いますし、親の方も子供が自活できる年齢になったら突き放すべきだとは思います。
しかし、昨今は子供がもし正社員で働いているとしても昔ほどに満足いくお給料がもらえないというケースも増えており、一概に実家を離れて一人暮らしすべき、とは言えない家庭も増えていると思うのです。
もし、子供が親のすねをかじるばかりで何もせずごろごろしているというなら問題ですが、そうでなく子供も働いているけれど生活が苦しいという場合、親と助け合って生活するため実家暮らしをする、というのもありだと思うのです。
ネットでは、特に女性の側から「30過ぎて親と暮らしている男性はちょっと」といった否定的な意見が多くみられるようですが、ケースバイケースだと思います。
親子と言えどもべったりと甘え合わず、お互いがお互いの生活を支える感じで共に暮らすなら、それも立派な独立と言えると私は思いました。

東海地方で、美味しい飲食店を紹介します。

東海地方で、美味しい飲食店を紹介します。
広小路キッチンマツヤというお店は、昭和37年創業の老舗洋食店です。
幻の極みとんテキ200g(2150円ほどだったと思います。)は、滋賀県のブランド豚の皇帝豚の希少部位を使用したメニューだそうで、
肉にボリュームがあり、ジューシーで美味しかったです。
その他、特撰ろーす味噌かつ&エビフライコンビ(1836円ほどだったと思います。)も、ボリュームがあり、美味しいと思います。
こちらのお店は、名古屋市中区にあるお店です。
お店の営業時間は、11時から23時で、土、日、祝日は、22時までだったと思います。
ランセンというお店は、津市安濃町にある、お店です。
洋食メニューが揃うお店で、ジャイアントハンバーグデミソース(1800円ほどだったと思います。)は、肉の量が500gという、
ボリューム満点のハンバーグに、まろやかで、コクのある、デミグラスソースの旨みが、うまくマッチしたおいしい一品でした。
その他、ビーフシチュー(1680円ほどだったと思います。)も、まろやかでコクのある味わいで、美味しいと思います。

お花、今年で555年を迎える池坊(生け花)

池坊は古く、今年で555年を迎えます。花の力は果てし無く、その時その時で表情は異なり花と向き合う楽しさがあります。楽しさとは、花と向き合う事。自分と向き合う事が出来ます。また、自分を試される事でもあります。今の情報溢れる時代から遠ざかり、精神統一し、静かな時間を堪能する魅力がお花にはあります。しかし、簡単には、花と向き合う事は出来ません。人間にも個性があります。同様に、花にも個性があります。花の個性に気づく事が大切なのです。気づくまでは、何回生けても納得がいかず時間ばかりが過ぎ、そのうちにも花は枯れ果てていきます。奥深い生け花ですが、草物、木の物に別れ、それぞれの魅力・個性をいかに生かすかを試されるのは、花の前に立ったその人なのです。長い歴史が続く池坊。、今年は、映画【花戦さ】が上映されます。生け花を知らない方でも、花の奥深さに心が踊る事でしょう。生け花を身近な物と感じてくれる事を願います。

プランターで育てたけれど、畑にまいてみました。

市民農園を借りて、野菜を育て始めてから1カ月半が経過しました。(こうやって書いてみると、まだ1カ月半なのが驚き!)現在、ベランダ付のアパート暮らしなので、ついでに100円ショップでプランターと土を買って、ミニ大根やミニニンジンも作っています。
しかし、家は西日なので育ちが悪いのと、それぞれの種が多い割には、結構、芽掻きをしなければいけないこと。
(量の割に、損した気分…・)と思い、芽掻きをした苗は、畑のぼかし肥料にしてみました。

しかし、1カ月たった最近驚くことが起こったのです。

それは、草むしりをしているときのこと。なぜかナスの近くから赤いカブのようなものが頭を出しているんですね。
なんとなく掘ってみたら、何とミニ大根が取れてしまったではありませんか!!

(ええ〜、あんなに粗雑に適当に放り込んだのに、なんで生きてるの!!すごい)

雑草とともに、たくましく育ったミニ大根たち。なんだか種の袋に記載されていた参考写真よりも大きく育っているような…。

このしぶとさ、学ばされます。

もちろん、ミニ大根は収穫して、おいしくいただきましたよ〜。

病院で見て貰ったけど子宮筋腫はありませんでした

今日は婦人科の通院日でした。
私はチョコレート嚢胞という病気で婦人科に通っているわけなのですが、そう言えば今日はこの話を全くしませんでした(笑)。
一昨日別の病院に行ってCTを撮って来たのですが、子宮筋腫の疑いがあるからってことでCTの写真を預かって来たのです。
なので今日の診察内容はそのCT画像を見ての話だけになってしまっていました。
婦人科の先生が見た結果なのですが、疑いがあると内科で言われたものの「問題ありません」とのことでした。
やっぱりなーと思いました。
自分でもなんとなく子宮筋腫ではないような気がしていました。
やっぱりこういうことは婦人科の先生が見ないと分からないものなのですね。
ただ、CTを見てかなりガスが溜まっているということを言われました。
ん?内科の先生はそんなこと何一つ言ってくれなかったぞ。
お腹が痛いからということで内科に行ったというのに内科ではその説明を全然してくれないだなんて…。
もしかするとまた内科に行くかも知れませんが出来ればこの前の先生ではなくて別の先生に診察して貰いたいと思いました。http://www.fxanimation.co/

1歳2カ月にしてようやく、バイバイをする様になりました。

1歳の息子はあまり何も芸をしません。
上の子どもが同じ頃には大人の言っている事をある程度理解し、バイバイをしたり絵本に合わせて体を揺らしたり、絵本の絵と同じ部位を刺したりしていました。
しかし、下の子はそれが全くありません。
上の子どもは生後6カ月から保育所に入っていたのもあり、又下の子は丸1歳まで自宅で私と二人で過ごしていた違いがあるのかなと思っています。
そんな下の子ですが、1歳から保育所に入っています。
活動範囲も広がり色んな人と関わる事で大きな刺激を受けている様です。
1歳2カ月にしてとうとうバイバイをしたのです。
それは突然やってきました。
実家に帰って夕飯を食べました。
その後自宅に帰ろうと別れの挨拶をしていました。
毎回手は振りませんが、ババは子どもにバイバイと言います。
その日もいつも通りバイバイと言うと私に抱かれていた下の子はよそ見をしながらバイバイをするのです。
その瞬間は私は見る事が出来ませんでしたが、ババがかなりテンションあがり喜んでいました。
これからも色んな事をしては驚かしてくれると思います。