梅雨の時期に雨が降る外の景色を見て思う事

梅雨の時期は毎日のように雨が降るが、私は雨の音が好きなので梅雨は嬉しい。雨の音を聴くと心が落ち着きゆったりとした気分になれ、イライラやストレスが軽減されるような感じになる。中学時代、私は野球部に所属していたのだが、梅雨の時期はよく部員と屋内で筋トレやひさしのある場所でトスバッティングを行っていた。理由はもちろん雨が降ってグラウンドが水浸しになってしまい、使えないからだ。でも、思いっきり馬鹿なことをやったりする時もある。それはあえて雨で水浸しのグラウンドの中を走り回り練習着が水でぐしょぐしょになったり泥だらけになったりすることだ。梅雨の時期は嬉しいのだが、毎日のように雨では晴れの日が恋しくなる時がある。しかしなかなかその日は訪れない。そんな不満を晴らすためにグラウンドの中を走り回るのはとてもいいお遊びなのだ。あえて女子生徒に見えるように行い、注目してもらえるのが嬉しいと思う時もあった。ただの馬鹿である。梅雨の時期になるとそんな過去をふと思い出すのだった。