歌唱力に定評があった元トップ娘役・実咲凜音さん

女優の実咲凜音さん。実咲さんは、宝塚歌劇団宙組の元トップ娘役です。
2009年に95期生として入団し、入団時の成績は4番でした。花組に配属になり、同年『EXCITER!!』では、1年目にして主要な場面に抜擢されました。2010年の『麗わしのサブリナ』の7年目までの若手で演じる新人公演では、タイトルロール・サブリナを演じ、その愛らしさと歌唱力に話題となりました。その後も『ファントム』『復活』の新人公演で、ヒロインを演じました。
2012年に宙組に組替えとなり、同年宙組トップ娘役に就任しました。相手役は、凰稀かなめさんです。お披露目公演は、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』。2015年、凰稀さんの退団後、朝夏まなとさんが相手役になりました。
2015年、朝夏さんの宝塚大劇場お披露目公演『王家に捧ぐ歌』では、アイーダ役を熱演し、2016年『エリザベート』では、タイトルロール・エリザベートを演じました。
2017年『王妃の館』『VIVA FESTA!!』で惜しまれつつ退団されました。退団後の初舞台は、『屋根裏のバイオリン弾き』です。