背が高く柚希礼音さんとコンビを組んだ夢咲ねねさん

元宝塚歌劇団星組トップ娘役の夢咲ねねさん。2003年に89期生として入団しました。初舞台公演は、『花の宝塚風土記』でした。
月組に配属になり、2005年『エリザベート』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、入団2年目にしてタイトルロール・エリザベートに抜擢されました。2007年『パリの空よりも高く』新人公演で2度目のヒロインに選ばれました。
2008年星組に組替えになりました。同年『スカーレット・ピンパーネル』では、ヒロイン・マルグリットのドレスをデザインし、マルグリットの弟アルマンの恋人でもあるマリーを可憐に演じました。同年宝塚バウホール公演『ブレノスアイレスの風』では、タンゴに挑戦しました。
2009年トップ娘役に就任しました。お披露目公演は『太王四神記Ver.2』でした。宝塚歌劇で初めて上演されたフランスのミュージカル『ロミオとジュリエット』では、ジュリエットを演じました。2015年『黒豹の如く』を最後に宝塚歌劇団を卒業しました。3万円 借りたい

女性のひとりぐらしの、ひとり時間の過ごし方。

一人暮らしをしていると、どうしても怠けてしまうとおもいます。一人だからご飯も適当でいいか、化粧もしなくていいか、お風呂今日はいいか…なんて日も…。私も一人暮らしをしているのですが、たまにそういう自分に嫌気がさしてしまいます。特に、スマホを触っているとき。一人暮らしだと話し相手がいないので、何をするにもスマホと一緒になってしまいます。ご飯やお風呂、トイレなど…もちろんスマホを触っていると外部と接触ができますしいいこともあるのですが、なんか、こんな過ごし方嫌だな…と思うのです。そこで最近は、少しずつですが、スマホから離れる努力をしています。しっかりご飯を作る。味わって食べる。後片付けをきちんとする。ゆっくりお風呂に入り、自分をケアする。1つのことを、スマホしながらではなく、集中してすることにより、丁寧に向き合えます。時には読書や勉強をしたり、アロマをたいてみたり。そうすることで自分に余裕ができます。ミュゼ 無料

優れたリーダーは多趣味だって本当かしら?

あの加計学園の理事長が記者会見したっていうんでテレビを見たら、本当に動いて喋ってたんで驚いた次第です。
だって、今まで写真でしか確認されてなかった(というか見ていなかった)から本当にいるのか?と思ってたんですけど、実在してたんですねー。安心しました。
とは言え、加計さんと安倍さんの中はまさに懇ろというほどのものに見えるので、いくら仕事の話は抜きの付き合いって言っても、どこまで信じてよいのやら。
そもそも、安倍さんにはゴルフ以外に趣味がないのが良くないんじゃないの?と老婆心ながら思うわけです。ゴルフといえば加計さんとらしいですからね。
ほかの趣味もあれば交友関係も広くなって、べったりこの人とだけということもなく、利害関係も薄くなって今回のような疑惑も起こらなかったんじゃないのかしら。
ということで、勝手に安倍さんに新しい趣味を持ってもらおうとご提案。
まずは定番の読書、ですがあまり知的とは言えない安倍さんにはハードルは高そう。
今人気の将棋は?結構政治家で嗜む方もいますけど、これまた知的スポーツはハードルが高そうです。
じゃあ、ボーリング。同じスポーツでもサッカーや野球ほどハードではないのでおススメですが、どうですかね。
とりあえず3つほど挙げてみましたけど、ご検討のほどよろしくお願いします。

物語の王子が熊の子供を追いかける続きの話などをします

王子は、最初からわりと全速力で、その熊の子供を、追いかけます。けっこう頑張っているわりには、そんなに、差が、縮まらずに、相変わらず苦戦してる模様で、物事は、平行線を、たどります。川を、超えて、橋を、超えて、それでも、追いかけっこが、進んでいきます。王子は、こんなとき、少しでも、気を抜いて休んだりなんてしてたら、それこそ確実に、その子供の熊の行方を、見失い、それだと当然、冠を、取り戻すことも出来ない。いつも、だいぶ気に入っていたことから、念入りに磨いて大切に、していたのもあるし、なのでなおさら、取り戻さなくては、ならない。それが、王子としての定めで、責任のひとつなのだからと、自分に言い聞かせては、走り続けます。かなりの長距離走り続け、それこそ帰りの道のりも長くて大変だななんて、考えてる場合でもないような、状態にあります。そういうことは、後からであってもいくらでも考えることが出来るし、物事には、基本的な順番というものも、あるのです。

3月末で仕事場の雰囲気が全然違う事になりそう

4月から仕事場の雰囲気が全然違う事になりそうです。
というのも、会社の中で大号令があり、半分ぐらいの人が別の部署に移動したり、会社から離れる事になりそうです。
私はまだその部署に残るのか、別の部署に移るのかは言われていませんが、不安でしかありません。明日、会社の人と面接があり、話になるのでしょうが、多分移動組な気がしています。選べるなら移動はしたくないです。また一から人間関係を築かなければいけないと思うとそれだけで憂鬱な気分になるからです。
会社から移動って言われたら従わないといけないのでしょうが、慣れてきた所から離れるのは辛いよなと思います。ただでさえ、そこの部署が長かった人間は他の部署に異動して仕事をやれるのか心配になります。
私が気になっていた人も別部署への移動組みたいなので、寂しくなるなと思っています。同じ建物にいるならばたまには顔を合わせるんでしょうが、話さなくなるんだろうなと思うと心から寂しく感じます。私自身がどうなるかわかりませんが、3月末まで全力で頑張ります。

何かと面白いパソコン関係のゲームについて

パソコンで遊ぶということはいろいろとやり方があるのですが、今ではインターネットを使ったゲームというのはお勧めできます。そうではないパソコンゲームのもあるのですが新しいものになりますとネットで認証をしなければならないということがありますから、基本的にインターネットに繋がっているということが前提になっていたりします。この点において、これは注意しておきましょう。最近のネットゲームでオススメできるタイプというのがブラウザゲームになります。これはインストールなどは必要ないものであり、ブラウザで遊ぶことができるようになっていますから極めて楽に簡単に行うことができるようになっています。パソコンに負担がそれほどかからないというところが素晴らしい点であり、多少スペックがきつくないものであろうともそこそこ快適に遊ぶことができるようになります。お金がかかるわけでもありませんしちょっとやってみるということがお勧めできるパソコン関係のゲームになります。ちなみに割と時間がかかるタイプのゲームが多いというのは覚悟しておきましょう。

前回悪夢の準決勝で敗れたブラジルの復活はあるのか

ワールドカップロシア大会がいよいよ迫ってきました。前回悪夢の準決勝で敗れたブラジルの復活はあるのかが注目されます。南米予選はいきなりチリに0−2で敗れ不安を残すスタートなりましたが、2戦目でベネズエラを3−1で撃破して続くアルゼンチン戦を1−1で乗り切ると第4戦はペルーに3−0で圧勝。第5戦でウルグアイに2−2で引き分けます。第6戦でも2−2でパラグアイに引き分け今ひとつ乗り切れない状況でした。7戦目にネイマールのゴールなどで3−0でエクアドルに勝ち、ここから怒涛の8連勝で一気に勝負を決めました。特に11戦目のアルゼンチン戦ではネイマールがゴールを決めて3−0と宿敵に勝ちました。結局予選を12勝1敗5分と圧倒的な強さで勝ち上がり余裕のワールドカップ出場となりました。やはりこのチームはネイマールが中心とした攻撃力です。4−1−1−4のシステムで高い位置でボールを奪い常に相手陣で攻撃を仕掛ける戦いを見せてきます。前回で崩壊した守備陣がどう機能するかが注目です。脱毛ラボ キャンペーン

SSDに変更したらかなり快適になったので助かっています

使用しているノートパソコンのハードディスクをSSDに変更したのだけど、動作や処理がかなり快適になりストレス無くパソコンを使用する事ができるので安心して使えそうであります。

ちなみに使っていたハードディスクは320GBタイプのものとなっていて、接続はSATA2であり、それなりに使いやすかったのだけど、転送速度や処理や動作が微妙だったので少しストレスが溜まるような感じの鈍さでした。それをSSDに変更したらかなり改善され安心して今は使えるようになっています。とにかく処理や転送速度も速く、動作もしっかりとしているので凄く助かっています。

OSのクローンを作る専用のソフトを使ってハードディスクに入っているデータやOSのクローンを作り、それをSSDに入れたのでスムーズに作業を行う事ができOSを一から入れてないので時間をそれなりに短縮する事ができました。今の所は正常にしっかりと動いていて、これから1週間ぐらいは様子を見ようかなと思います。

ゲームセンターにはきっと魔物が潜んでいるに違いない

私は毎日ではありませんが、結構な頻度でゲームセンターに行きます。実家の家族もゲームセンターで遊ぶのが好きですし主人も大好きです。
絶対にこれは損である賭けなのに何故か必死に景品を取ろうと粘ってしまうUFOキャッチャー。その時は死ぬほどそれが欲しいのに、いざ取ってみるとどうってことないことがよくあります。
なぜゲームセンターに行くとあそこまで駆り立てられるのか。私はあそこには魔物が潜んでいると思うのです。おかしいことを言っているのは承知ですが、でもそうとしか思えないのです。
普通の思考回路なら、何千円へたしたら万札をいれてまでぬいぐるみやおもちゃ、お菓子を取ろうなんて考えられません。
でもあのガヤガヤとした空間に行くと、そこにある景品たちがまるでお宝のように思えてきてしまうのです。
もちろんそれには個人差もあると思いますし、そもそもゲームセンターが好きじゃない人もいると思います。
でも私も家族も少なからず魔物に操られているのではないかと思うのです。というただの無駄遣いの言い訳でした。

私の趣味がインドアからボルダリングというスポーツになったこと

ボルダリングとは色の付いた石がはめ込まれた壁を決められた石のみを使用してゴールまで登るスポーツです。ピンと来ない方や知っているけれど自分には無理だと思ってやった事の無い方もいらっしゃると思います。私も最初はそうでしたが知り合いに一緒にダイエットしようと連れて行かれたジムでハマってしまい、今では一人で行くほどの趣味となりました。ボルダリングはただ壁を登るだけでなく、使える石が指定されていたり、壁に傾斜が付いていたりとダイエット感覚で始めた初心者から本格的な上級者まで楽しめるスポーツです。登るには体力だけでなく頭も使わないと登れず、途中で手詰った時は後ろで見ている人が導線を指示してくれたりと一人でやるスポーツの様で意外と他人とのコミュニケーションが取れ、ボルダリングを通じて知り合った友人も出来ました。仕事上出会いも無かったので、そういった共通の趣味のある知り合いが出来た事が続ける一歩になりました。脱毛ラボ 部位